剛力彩芽 オスカー退社、独立を発表「心より感謝…これからは自分自身で考え選択し挑戦を」

[ 2020年8月31日 17:06 ]

女優の剛力彩芽
Photo By スポニチ

 女優の剛力彩芽(28)が31日、自身のインスタグラムで、18年間所属した「オスカープロモーション」を今月いっぱいで退社し、独立することを発表した。

 剛力は「この度、私、剛力彩芽は18年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退所し、独立させていただくこととなりました」と報告。「引っ込み思案で幼く何も分からない私をいつも優しく愛情いっぱいで育ててくださった古賀会長をはじめ、暑い中寒い中昼夜を問わず私をずっと支え続けてくださった事務所関係者及びマネージャーの皆さま、こんな私といつも楽しくお仕事をご一緒くださる関係者の皆さまには感謝してもしきれません。そして、なによりいつも変わらずに応援してくださるファンの皆さまに、心より感謝申し上げます」と同事務所、そしてファンへの感謝をつづった。

 「“いつでも相談しなさい”という父のような強くも温かい会長のお言葉を心に、これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境の中、表現者としてより一層皆さまに笑顔と感謝をお届けできるよう、誠心誠意頑張ってまいります。よろしくお願いいたします」と今後への決意を明かしている。

 同事務所の公式サイトでも「弊社所属の女優・剛力彩芽は、2020年8月31日をもって円満に弊社を退会する運びとなりましたこと、ご報告させて頂きます」と報告した。

 剛力は2002年「全日本国民的美少女コンテスト」に参加したことがきっかけでオスカー入り。08年から13年までファッション誌「Seventeen」の専属モデルを務めた。11年、フジテレビのドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で本格的に女優デビューを果たし、13年のフジテレビの月9「ビブリア古書堂の事件手帖」で初のゴールデンタイム主演。13年「友達より大事な人」で歌手デビューを果たすなど、活動の幅を広げた。

 関係者によると、今後は今年3月に立ち上げた個人事務所「ショートカット」で芸能活動を続けるという。復縁したインターネット衣料品通販大手ZOZO創業者の前澤友作氏(44)の知人が設立に携わった事務所だという。

 同事務所を巡っては、今年に入ってから米倉涼子(45)、岡田結実(20)、長谷川潤(34)らが相次いで退社している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月31日のニュース