LiLiCo 松葉杖でイベント出席「まだこの状態です。ちょっとだけ回復しましたけれども」

[ 2020年8月31日 19:17 ]

映画「TENET テネット」公開記念スペシャルイベントに出席したLiLiCo
Photo By スポニチ

 タレントのLiLiCo(49)が31日、都内で開かれた映画「TENET テネット」(9月18日公開)のイベントに松葉杖姿で出席した。

 今月11日に声帯手術を受けたことをブログで発表後、雨で滑って転倒し、膝蓋(しつがい)骨を骨折。13日に下半身麻酔で手術を受け、17日に退院した。

 両手で松葉杖を支えながらゆっくりと登壇し、「記者のみなさん、まだこの状態です。ちょっとだけ回復しましたけれども。ゆっくり、ゆっくりと」と経過を報告。長く立っているのはつらそうで「ちょっと偉そうにすみません。テーブルにつかまってお話しさせていただきます」と断りながら頭を下げた。

 司会者が「今日は素敵な白い衣装ですね」とワンピース姿について問いかけると、LiLiCoは「なんか凄くまぶしいですよね。透けてません?大丈夫?」と逆質問。「凄いカラフルな下着を着て履いてしまったのでちょっと不安です」と笑いを誘った後、話す段取りを間違えてしまい「相変わらずせっかちだからケガするんですよね」と苦笑した。

 「TENET」は、「ダークナイト」シリーズや「インセプション」「ダンケルク」などを手掛けたクリストファー・ノーラン監督(50)によるタイムサスペンス大作。監督の大ファンだというロックミュージシャンのGACKT(47)とともに無観客の舞台で、抽選で選ばれた49人のファンとオンラインで交流した。

 作品については、一度観賞しただけでは理解できなかったと説明。「私には声帯の手術の後の歌のレッスン。膝を早く治さなければいけない。いろんなことをやらなければいけないんですが、次の日に早くも、もう1回見にいってしまったんですよね。これってもうクリストファー・ノーランのトラップにハマってしまったということなんでよね」と絶賛した。 

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月31日のニュース