谷川浩司九段 藤川引退表明に驚き、印象残る独立Lでのプレー「自分の考えを持っておられた」

[ 2020年8月31日 22:42 ]

谷川浩司九段
Photo By スポニチ

 阪神ファンの将棋棋士・谷川浩司九段(58)は藤川球児投手の今季限りでの引退表明に「コメントが出てこないくらい驚きました」と語った。

 速報はネットニュースで知り、まず思い出したのは「火の玉」と称されたストレート。自身にも「光速の寄せ」と呼ばれる必殺技があり、実戦で現れると両者、試合終了も同然の威力を誇った。「球速だけでは計り知れない伸び、ストレートだったと想像します」と苦笑いしながら分析した。

 印象的だったのが 米大リーグから阪神に復帰するまで故郷・独立リーグの四国アイランドリーグplus高知でプレーしたことという。

 「原点でやり直してその後、また阪神で活躍された。自分のお考えをしっかり持っておられたからではないかと思います」。直接復帰するのではなく、身体を作り直してからとの判断に思慮を感じるそうだ。「ファンとしてはまだまだ長く続けてほしいが、最後まで応援したい」。甲子園球場で再び、9回アタマからマウンドに立つ姿を待ち望んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月31日のニュース