生田斗真、清野菜名と結婚後初の公の場 祝福に感謝「ありがとうございます」

[ 2020年8月31日 11:15 ]

清野菜名と結婚後、初の公の場となった生田斗真
Photo By スポニチ

 俳優の生田斗真(35)が31日、都内で行われた「麒麟特製レモンサワー」金賞受賞・シリーズ1億本突破記念イベントに出席。6月5日に女優の清野菜名(25)との結婚発表後、初の公の場となった。報道陣から「おめでとうございます」と祝福されると、「ありがとうございます」と感謝していた。

 2人は生田が主演したTBSドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。~」(2015年)で共演。同作をきっかけに仲を深め、同年8月の週刊誌報道で交際が明らかに。そして今年6月に2人は連名でコメントを発表し、結婚したことを報告していた。

 この日はイベント名にちなみ“金”をとりいれた衣装で登場した生田。ゴールドのネクタイを着用したが「人生で初めて」と赤面。コロナ禍での自宅飲みについて聞かれると、「オンライン同窓会をした」と明かし、「高校時代の友人たちと同窓会を開きました。もともと年一でやっていますが、なかなか会えない地方に行った友人と一堂に会することができたのでオンライン飲み会悪くない」と語った。

 また、「金賞をあげたい人」は愛犬のトイプードルで「人って聞かれているのに犬です。今年16歳になるんですが、15歳のときに地元の自治体から長寿犬として表彰された。人間でいうと黒柳徹子さんくらいでしょうか。いまだに元気に暮らしているので僕から金賞をあげたい」と笑顔で話していた。

 イベントにはお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」の内村光良(56)、中村アン(32)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月31日のニュース