香川照之 息子の一言にショック「『うるせえカマキリ』って…」

[ 2020年7月10日 21:48 ]

香川照之
Photo By スポニチ

 俳優の香川照之(54)が10日放送のTBS「ぴったんこカンカン」(金曜後8・00)に出演し、息子で歌舞伎役者の市川團子(16)から言われて傷ついたというあるエピソードを明かした。

 香川は最近ショックを受けたこととして「息子が『うるせえカマキリ』って…」と、息子から「カマキリ」呼ばわりされたことを打ち明けた。昆虫マニアとして知られ、Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」ではカマキリの着ぐるみを着て「カマキリ先生」と名乗る香川だが、息子の言葉にはショックを受けた様子。

 「ここに携帯を置いて、スピーカーフォンにして誰かと話ながらメシを食ってたわけですよ。でも、食べながら(相手の話に対して)全然返事をしないから、対面で見てた俺が『おい、相手がしゃべっているんだから、お前もちゃんとしゃべりなさい。失礼だろ』って言ったの」と状況を説明。「そしたら『なんかカマキリがしゃべってんだけど』って…」と衝撃の返事をされたという。

 安住紳一郎アナウンサー(46)は「お父さんのことカマキリって言ったら、それは怒った方がいいですよ」とアドバイスしたが、香川は「いや、怒ったら100倍になって返ってくるから…」とそれ以上の注意は辞めたと、落ち込み気味につぶやいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月10日のニュース