東国原英夫 兵庫県知事の「諸悪の根源は東京」発言に憤慨「諸悪の根源は井戸さんですよね」

[ 2020年7月10日 13:32 ]

東国原英夫
Photo By スポニチ

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫(62)が10日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)で、兵庫県の井戸敏三知事に苦言を呈した。

 井戸知事は9日の県の新型コロナ対策本部会議で「(新型コロナウイルス感染拡大の)諸悪の根源は東京」と発言した後、「諸悪と言ってはいけませんね、取り消します」と訂正。会議後の記者会見で「東京で感染者の追跡などをしっかり(対応)してほしいという意図だった」などと釈明した。

 「諸悪の根源は井戸さんですよね」と憤慨。大阪府の吉村洋文知事と「水面下でもめたりして吉村知事が修正したりなんかしているんですけど…こういう方なんですよ」とまくしたてた。

 井戸知事の任期にも触れ「5期も6期も続けていたらね、こんな硬直化するんですよ。今回もそうですよ」と批判し、「僕、間違ったこと言ってますか?」と問いかけた。

 井戸知事は2001年7月に初当選し、17年7月に5選を果たしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月10日のニュース