井山本因坊 V9で3冠堅持 史上2位タイの連覇記録

[ 2020年7月10日 05:30 ]

井山裕太本因坊
Photo By 共同

 囲碁の第75期本因坊戦7番勝負の第5局は8、9の両日、三重県鳥羽市で打たれ、井山裕太本因坊(31)が243手で挑戦者の芝野虎丸3冠(20)に白番4目半勝ちし、4勝1敗で9連覇を達成、棋聖、天元と合わせ3冠を堅持した。

 本因坊9連覇は22世本因坊の故高川格九段と並び、史上2位タイの連覇記録となる。

 井山本因坊は昨年、5冠から3冠に後退したが、今年は棋聖、本因坊の防衛に成功。今シリーズは自身と同数のタイトルを保持する芝野3冠を退けた。「最も強い芝野虎丸3冠相手に、いい結果を出せたことは凄くうれしく思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月10日のニュース