藤井七段は負けて強くなる 「ふみもと子供将棋教室」の恩師・文本力雄さんが語る素顔

[ 2020年7月10日 05:30 ]

第91期棋聖戦5番勝負第3局 ( 2020年7月9日 )

藤井七段の対局を観戦する文本力雄さん(撮影・岸 良祐)
Photo By スポニチ

 藤井七段が5歳から5年近く通った愛知県瀬戸市「ふみもと子供将棋教室」の恩師、文本力雄さん(65)はこの日、名古屋市千種区の将棋バー「ハチワンダイningバー」でライムサワー片手に対局を見守った。

 対局では終始落ち着いた表情を見せた藤井は、文本さんによると幼少期には将棋教室に通う女の子たちの間で人気者だったという。仲がよかった女の子(Aちゃん)をからかう年上の小学生たちに向かって「Aちゃんをいじめるな!」と声を張る一面もあったという。「昔から正義感があって、熱いものを持っていた」と振り返った。「小学生の時に家庭訪問に訪れた女性の担任の先生にカンチョーをしたこともあったそうですよ」と意外な一面も明かした。

 「今回の対局では渡辺棋聖が貫禄を見せた。面白い将棋を見せてもらいました。でも藤井七段は負けてさらに強くなるんです」と残念そうなそぶりは見せなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年7月10日のニュース