渡辺麻友 芸能界引退を報告しファンに感謝「皆様、誠にありがとうございました!」

[ 2020年6月1日 17:03 ]

元AKB48の渡辺麻友
Photo By スポニチ

 元AKB48で女優の渡辺麻友(26)が1日、自身のツイッターで、芸能界を引退することを報告した。

 この日、所属するプロダクション尾木の公式サイトで、5月31日をもって契約を終了し芸能活動も終えることが発表されていたが、その後ツイッターを通じて自らの言葉で報告。「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」とつづっている。

 所属事務所の発表によると、数年に渡り体調が優れなかった渡辺から「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」と申し入れがあったという。事務所は「健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」としている。

 渡辺はAKB48の3期生として07年にデビュー。「まゆゆ」の愛称で親しまれ、前田敦子(28)や大島優子(31)らと中心メンバーの「神7」として人気を誇った。17年にグループを卒業してからは女優として活動していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月1日のニュース