木村花さん 会葬御礼品もカラフルで派手に「鼻がツーンとなりました」子どもの頃から知る風香さん明かす

[ 2020年6月1日 16:47 ]

 元女子プロレスラーで、元「スターダム」ゼネラルマネジャー(GM)の風香さん(35)が1日、自身のブログを更新。恋愛リアリティー番組「テラスハウス」の出演者で、5月23日に死去した「スターダム」所属の女子プロレスラー、木村花さん(享年22)の葬儀・告別式に参列した際に受け取った会葬御礼品を明かし「鼻がツーンとなりました」と報告した。

 「こんにちは。先日、花ちゃんに会ってきました」と書き出した風香さんは「数日前から、花ちゃんの死、人の死、誹謗中傷、SNSと向き合ったからか、花ちゃんの顔を見て…やっと受け入れられた感じがします」と自身の胸中を吐露。「会葬御礼っていうんですか?!お土産。ちゅん太が開けたら、花ちゃんが好きそうな派手で華やかな包装」とブログ上で「ちゅん太」の愛称で呼んでいる今月2歳になる長男が取り出したカラフルで華やかな包装紙に包まれた会葬御礼品の写真をアップした。「これはやばかった。鼻がツーンとなりました」と故人を思い感情が高ぶったという風香さん。「ご冥福をお祈りいたします」と懸命に続けた。

 風香さんは、花さんが亡くなった23日には「信じられない…」と訃報に受けた衝撃を記しつつ「いつも律儀で笑顔を絶やさず他愛のない連絡もたくさんくれた花ちゃん」と故人の人柄をしのび、25日には「現実逃避することで子供たちのために変わらない生活をしてたけど、木村さんから葬儀の詳細が届いて、あぁもうどうにもならないほど現実なんだな…って」とつづった後で「選手の頃、花ちゃんからもらったラブレター」と子ども時代の花さんと撮った2ショット写真と「風香ちゃんへ」とあて先の書かれた手紙の写真も掲載。「花ちゃんありがとう。大好きだよ」と自身の長男を抱っこして笑顔を見せる花さんの写真もアップしていた。

 アイドル的な人気を誇った風香さんは2004年にプロレスデビューし、2010年に引退。2017年にキックボクサーの一輝(37)と結婚し、2018年6月に長男、今年4月に次男を出産。引退後は2018年3月まで「スターダム」でGMを務めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月1日のニュース