元AKB渡辺麻友が芸能界引退 所属事務所が発表「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しいと」

[ 2020年6月1日 12:11 ]

元AKB48の渡辺麻友
Photo By スポニチ

 元AKB48で女優の渡辺麻友(26)が芸能界を引退することが分かった。1日、所属事務所のホームページで発表された。

 所属事務所は「この度、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました」と明かし、「数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので身体の事を最優先に考え、本人の意思を尊重し2020年5月31日をもちましてプロダクション尾木との契約を終了し芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と発表。

 「突然の発表となり長年に渡り応援してくださった皆さまには大変申し訳ございませんがこれまでのご支援には深く感謝申し上げます。ありがとうございました」とつづった。

 渡辺はAKB48の3期生として07年にデビュー。「まゆゆ」の愛称で親しまれ、前田敦子(28)や大島優子(31)らと中心メンバーの「神7」として人気を誇った。17年にグループを卒業してからは女優として活動していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月1日のニュース