まゆゆ引退 「神7」メンバーが感謝とエール たかみな、しのまり、こじはる「48グループの誇り」

[ 2020年6月1日 20:12 ]

元AKB48の渡辺麻友
Photo By スポニチ

 元AKB48の女優・渡辺麻友(26)が1日、自身のツイッターなどで芸能界引退を発表した。AKB「神7」として活躍したメンバーや、48グループの主力メンバーが感謝のメッセージとエールを送った。

 渡辺はAKB48の3期生として2007年にデビュー。「まゆゆ」の愛称で親しまれ、前田敦子(28)や大島優子(31)らと中心メンバーの「神7」として人気を誇った。17年にグループを卒業してからは女優として活動していた。

 初代「神7」の一人、元AKB48でタレントの高橋みなみ(29)は1日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「高橋みなみの『これから、何する?』」(月~木曜後1・00)で「私自身も本当に驚きました」とコメント。「アイドルとしての100点を超えていくというか、それって簡単できることではなくて、私は一応先輩なんですけど、『すごいな、この人は…』っていうふうに思っていた」とし、「これまで13歳でAKBに入ってから、卒業してからも忙しい日々だったと思う」と気遣い、「心と身体を休めて元気になってほしい。頑張った日々ってこれからの人生にも生きてくると思う」と背中を押した。

 女優の篠田麻里子(34)は、この日午後5時に投稿した渡辺のツイッターに反応して「ゆっくり身体を休めてね」と笑顔の顔文字を添えて、渡辺をいたわった。

 タレント小嶋陽菜(32)もツイッターを更新。「AKB48がまだ世の中に認めてもらえない時代から共に歩み続け、アイドルとして一度もみんなの期待を裏切ることなく走り抜けた麻友ちゃんは、私達48グループの誇りです」と渡辺の功績を称えた。

 一昨年のAKB48選抜総選挙で1位を獲得したSKE48の松井珠理奈(23)はツイッターで「プロ意識が高くて、尊敬していた先輩の一人。近くにいて、自分も頑張らなきゃっていつも思っていました」と明かし、「感謝の気持ちでいっぱいです。とても心配です」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月1日のニュース