テレ東 出川らのリモートバラエティーに手応え「新しい形のバラエティー制作にチャレンジした結果」

[ 2020年6月1日 12:28 ]

お笑い芸人の出川哲朗
Photo By スポニチ

 テレビ東京は1日、リモートバラエティー制作について見解を示した。5月の定例社長記者会見が中止となったことを受け、報道各社の質問に同局が書面で回答したもの。

 同局では、各局に先駆けて、4月25日にリモートバラエティー「出川・IKKO・みやぞんの割り込んでいいですか?」(前11・30)を放送するなど、リモート番組に積極的に取り組んできた。

 手応えについて「ロケ自粛という制約の中、新しい形のバラエティー制作にチャレンジした結果であり、リモートという演出方法や、大きな話題となったことなど、手応えがありました」とコメント。「『新しいテレビ』の作り方をこれからも議論して、視聴者の皆さまに喜ばれる番組を制作していきたいと考えています」とした。

 今後のバラエティー収録に関しては「緊急事態宣言の解除を受け、感染拡大に十分注意し、万全の対策を施したうえで段階的に番組収録やロケを再開していく予定です。withコロナ時代の収録について議論を深めていきます」と回答した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月1日のニュース