“ライブの聖地”赤坂BLITZ 9・22閉館…TBS中心の再開発一環、今後は収録スタジオに

[ 2020年5月3日 05:31 ]

9月22日閉館が決まったマイナビBLITZ赤坂
Photo By スポニチ

 東京・赤坂のライブハウス「マイナビBLITZ(ブリッツ)赤坂」が9月22日をもって閉館することが2日、公式サイトで発表された。

 昨年1月に同所の運営元であるTBSが中心となって進めている「赤坂エンタテインメント・シティ構想」で、観覧機能付きスタジオに刷新すると公表していた。東京メトロ赤坂駅前の一帯をリニューアルする計画で、今後はTBSが収録スタジオとして使っていく予定だ。

 96年に開業し、こけら落とし公演は米ロックバンド「Mr.Big」が務めたライブの聖地。1500~2000人を収容できるライブハウスとして人気があり、国内外の数多くの歌手がステージに立った。

 公式サイトでは「皆さまのご協力によりライブの聖地として、さらにはライブハウス文化確立に貢献させていただきました。感謝いたしております」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年5月3日のニュース