張本勲氏 ヤクルト・奥川の投球に「球は速いし、腕の振りが非常にしなやかでいい」 

[ 2020年5月3日 14:28 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(79)が3日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。プロ野球・ヤクルトのドラフト1位で昨夏甲子園準V右腕の奥川恭伸投手(19、石川・星稜高)についてコメントした。

 奥川は2日に戸田球場で自主練習を実施。初めてメイン球場のマウンドから投球練習を行い、打者を立たせて捕手とサイン交換。投球前後のブルペンも含め、計95球を投じた。

 この投球をVTRで見た張本氏は「腕の振りがいいよね。球は速いし、腕の振りが非常にしなやかでいい。そしてスライダーが特にいい。これは大きくなると思います」と評価。司会の関口宏(76)の「即戦力ですか?」に「まあ、すぐは難しいけどね。開幕が遅れたから、その分だけしっかり練習すれば開幕に間に合うと思いますよ。佐々木(朗希)君よりも奥川の方が早いかな、1軍に出るのは」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月3日のニュース