亀梨和也 部活動自粛、インターハイ中止でも夢を…「高校生とアスリートをつなげる」夢企画で呼びかけ

[ 2020年5月3日 22:09 ]

KAT-TUNの亀梨和也
Photo By スポニチ

 KAT―TUNの亀梨和也(34)が、3日放送の日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。新型コロナウイルスの影響で学校生活や部活動が制限され、活躍の場を失っている高校生に向けた企画を発表し「高校生の皆さんとアスリートの皆さんがつながってくれる、そういった機会になれば」と呼びかけた。

 同局「Going!Sports&News」と「行列」が手を組み、「高校生全力30秒選手権」と題してさまざまな競技の30秒動画を募集。最優秀動画には、競技のトップアスリートからプレゼントが贈られるという企画。亀梨は「今、部活動が制限され、思うようにスポーツに打ち込む機会や活躍の場がない高校生の皆さんにお知らせです」と呼び掛け、「自宅から1人で参加できる《高校生全力30秒選手権》を開催します」と企画名を発表した。

 インターハイ中止が発表され、少しでも勇気を届けたいという思いから開催に至ったといい「さまざまな競技の家でできる運動の動画を投稿していただき、動画の中からその競技のトップアスリートが最も優秀な動画を選び、優勝した高校生にはアスリートからうれしいプレゼントがあります」と詳細を説明。バスケットボール女子日本代表の渡嘉敷来夢(28)も動画で「ご応募お待ちしてます!」と呼びかけた。

 「高校生の皆さんとアスリートの皆さんがつながってくれる、そういった機会になればうれしい」と亀梨。競技の詳細、参加アスリートは近日公開予定となっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月3日のニュース