赤江珠緒アナ、アビガンで症状改善「良いタイミングで投与できた感がある」

[ 2020年5月3日 05:30 ]

フリーアナウンサーの赤江珠緒
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスに感染し、先月24日に入院したフリーアナウンサー赤江珠緒(45)が、アビガンの投与で症状が改善していることを2日までに明らかにした。

 1日深夜のTBSラジオ「荻上チキ・Session―22」(月~金曜後10・00)にメールを寄せ「入院してアビガンを処方してもらい、肺の状態が改善しています」と報告。「私は悪化しすぎる前の良いタイミングで投与できた感があります」ともつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年5月3日のニュース