テリー伊藤 ナイナイ岡村の女性蔑視発言に 「裸の王様になっていたところがあると思う」

[ 2020年5月3日 11:02 ]

テリー伊藤
Photo By スポニチ

 演出家でタレントのテリー伊藤(70)が3日、TBS系「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。「コロナが終息したら美人さんがお嬢(風俗嬢)やる」などと発言し、批判されていた「ナインティナイン」岡村隆史(49)が1日未明にニッポン放送「オールナイトニッポン」に生出演し「至らなさを本当に反省してます。人々に寄り添う思いが、全然自分の頭になかった」と謝罪したことについてコメントした。

 相方の矢部浩之(48)は「今日は公開説教しようと思って」と飛び入り出演し、言葉を選びながらも、岡村の人格的な「根っこの部分」に失言の遠因があると直言した。

 テリーは「矢部が言ってることはすごく正論。裸の王様になっていたところがあると思う。ラジオっていうのは何でもしゃべれる魅力があったと思う。そこのところでちょっとバランスを崩したと思った」と話した。

 【岡村の発言要旨】(リスナーの性にまつわる投稿に対して)コロナが終息したら、物凄く絶対面白いことがあるんです。コロナ明けたら、なかなかの可愛い人が、美人さんが“お嬢”やります。なぜかというと、短時間でお金をやっぱり稼がないと苦しいですから。これ、僕3カ月やと思っています。3カ月の間、集中的に可愛い子がそういう所でパッと働きます。で、パッとやめます。だから今、我慢しましょう。僕はそれを信じて今、頑張っています。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年5月3日のニュース