×

ソフトバンク・渡辺「甲斐さんに追いつけ、追い越せの思いで」インタビューで決意明かす

[ 2022年7月7日 04:45 ]

ノックを受けるソフトバンク・渡辺(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・渡辺陸捕手(21)が燃えている。5日の楽天戦で則本から豪快な今季3号。一時は2軍降格も、新型コロナ陽性で自主隔離中の甲斐の代替指名選手として、巡ってきたチャンスを生かした。今季は5月24日に1軍初昇格。同28日にプロ1号から2打席連続弾など、ここまで21打数で打率・333、3本塁打。強打は魅力だが、ライバルの海野も大関、石川とのバッテリーで完封を演出しており、うかうかしていられない。「ポスト甲斐」を狙う育成出身の新星に今の思いを聞いた。(取材・構成=福井 亮太)

 ――6月13日に2軍降格。今回生きたことは。
 「守備だったら投手にどういう球が欲しいんだと、ジェスチャーで伝えたりをやってきて。打つ方では確実性を上げようということをやってきた」

 ――2軍に落ちたときの心境は。
 「めちゃくちゃ悔しかったです。試合前も試合後もひたすらバットを振りました」

 ――甲斐が離脱したチャンスをものにしようという気持ちも?
 「チャンスというかそういう機会をいただいたので、いいところを出そうと思いました」

 ――今月5日の楽天戦、最後は交代しフル出場できなかった。
 「そこは課題というか足りないところだと思う。そこを任されるように、信頼されるように」

 ――海野とマスクを分け合う形。
 「やっぱりチームが勝つというのが一番かなと思います」

 ――5月28日、広島・森下から2打席連発。
 「まだそこまで打席に立っているわけではないけど、少ないチャンスをものにできたと思う。自分の形を崩さずに打てた感じはあります」

 ――森下は東京五輪代表。本拠地で打った。
 「テレビでも見ていたし、いい投手だと分かっていた。なので余計にうれしかったですね。ペイペイドームは球が見やすかったですし、ファンもたくさんいて雰囲気は凄かったです」

 ――あまり緊張はしないタイプ。
 「スタメンでいく時とかはあまり緊張しない。シンプルに野球をやるので、2軍の時と同じ気持ちでやれている」

 ――2軍ではどれだけ打っても満足しなかった。
 「そこは1軍でも変わらずです。1軍でも打ちまくりたい」

 ――1軍では甲斐とどんな会話をした?
 「ブロッキングやスローイングについてよく質問しました。“いろいろ考えている”と言われますけどね(笑い)。3連戦を見据えて相手打線、投手の特長を本当に考えていると思う。やっぱり凄い存在ですね」

 ――先輩投手が多い中で学んだことは。
 「モイネロや又吉さんと話しました。投球スタイルや考えを聞いて勉強になりました」

 ――内容は。
 「モイネロは直球で押す時と、チェンジアップで打ち取る時のタイミングを考えている。又吉さんは高めの使い方、詰まらせるイメージを明確に持っていました。1軍投手は事前の準備が凄いので、捕手としても打ち取るイメージが持てます」

 ――理想の捕手像は。
 「古田敦也さんです。僕も小学生の時にメガネをしていたので同じメガネ捕手で憧れました。今は甲斐さんに追いつけ、追い越せの思いでやっています」

 ――大事にしているルーティンは。
 「毎日バットを振ることです。長谷川打撃コーチから“毎日素振りはしろよ”と言われて。20分は最低振ります。ホームだとマシンで打って、遠征先は外で振ってます」

 ――練習することで自信を持って試合に臨めているように見える。
 「すぐには結果が出なくても来年、再来年に結びつくようにとは思っています」

 ――栗原、谷川原のように捕手から外野のプランは。
 「今は栗原さんも上林さんもケガで離脱している。打撃を生かすためにも外野を練習して損はないと思う」

 ――マイブームは。
 「アニメのHUNTER×HUNTERにはまっています。がむしゃらに戦う姿は勉強になりますね」

 ――ファーム時代から指導を受けた藤本監督との思い出は。
 「昨秋のフェニックス・リーグで配球で怒られましたね。そんなこともありましたけど、3軍の時から一緒にやってきたので違和感はないです」

 ――藤本監督を男にしたい思いは。
 「あります。(公約の)ヒゲをそってもらえるように頑張りたいし、胴上げしたい」

 ――今季の最終目標は。
 「数字とかないけど、1試合1試合結果を残すだけです。自分のプレーで勝敗が変わる責任感は2軍とは違いますね。とにかく優勝したいです」

 ◇渡辺 陸(わたなべ・りく)2000年(平12)9月24日生まれ、熊本県出身の21歳。西原村立山西小で野球を始め、5年で内野手から捕手に転向。西原中時代は熊本大津リトルシニアに所属。神村学園高に進学し、2018年育成ドラフト1位で入団。2021年に支配下選手登録。1メートル87、84キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース