×

アストロズの連勝が8でストップ エンゼルス戦14Kの先発ハビアーが3被弾

[ 2022年7月7日 13:24 ]

初回にロイヤルズのドージャーに2ランを浴びたアストロズ先発のハビアー(AP)
Photo By AP

 ア・リーグ西地区首位のアストロズは6日、地元ヒューストン(テキサス州)でロイヤルズに4―7で敗れて53勝28敗。6月28日のメッツ戦から続いていた連勝は8で止まった。

 1日のエンゼルス戦で自己最多の14三振を奪って今季6勝目を挙げていた先発のクリスチャン・ハビアー(25)は5回まで4安打に抑えたものの、初回に先頭打者のウィット・メリフィールド(33)に4号ソロ、5番のハンター・ドジアー(30)に9号2ランを打たれ、二回には8番のエマニュエル・リベラ(26)に6号ソロを喫するなど3本塁打を浴びる投球内容。3回にはドジアーに適時二塁打を許して5点目を献上し、今季4敗目となった。

 ロイヤルズは30勝50敗。先発のブラッド・ケラー(26)が5回4失点ながら今季4勝目(9敗)を挙げ、3試合ぶりに白星をものにした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース