×

大谷翔平の“新ウイニングショット”カーブに敵将も脱帽「粘っても最後にカーブが落ちて来る」

[ 2022年7月7日 12:06 ]

インターリーグ   エンゼルス5―2マーリンズ ( 2022年7月6日    マイアミ )

マーリンズのマッティングリー監督
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は6日(日本時間7日)、敵地ローンデポ・パークでのマーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で今季14度目の投打同時出場。7回100球を投げ2安打1失点、3試合連続2ケタ三振となる10三振を奪い8勝目をマークし自身は5連勝。打っては5回2死満塁から勝ち越しの2点左前適時打し、今季10盗塁目となる二盗にも成功してチームの勝利に貢献した。エ軍は5―2で勝ち、連敗を4でストップした。これで大谷の通算成績は、投手は14試合で8勝4敗、防御率2・44、打者は80試合で281打数78安打、打率・259、18本塁打、53打点、10盗塁となった。

 大谷はこの日、カーブを有効的に使った。6回1死からは前日に決勝本塁打を放ったクーパーを落差の大きいカーブで見逃し三振。7回無死からも主軸のガルシアをカーブで見逃し三振に仕留めた。

 試合後、対戦相手のマーリンズのドン・マッティングリー監督は「彼(大谷)は数種類の変化球を投げていた。スライダー、スプリットは切れがよく、直球の球速もあった。そしてカーブを決め球として使っていた感じだった。粘っても最後にカーブが落ちてくる。手に負えなかった。対応が難しい選手だ」と“脱帽”していた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース