×

大谷翔平 またメジャー史上初の快記録!1試合で10奪三振、2打点、1盗塁

[ 2022年7月7日 12:30 ]

インターリーグ   エンゼルス5―2マーリンズ ( 2022年7月6日    マイアミ )

6日のマーリンズ戦5回2死満塁、大谷は左前に勝ち越し2点適時打を放ち、ベンチに向かって吠える(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は6日(日本時間7日)、敵地ローンデポ・パークでのマーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で今季14度目の投打同時出場。7回100球を投げ2安打1失点、3試合連続2ケタ三振となる10三振を奪い8勝目をマークし自身は5連勝。打っては5回2死満塁から勝ち越しの2点左前適時打し、今季10盗塁目となる二盗にも成功してチームの勝利に貢献した。エ軍は5―2で勝ち、連敗を4でストップした。

 これで大谷の今季通算成績は、投手は14試合で8勝4敗、防御率2・44、打者は80試合で281打数78安打、打率・259、18本塁打、53打点、10盗塁となった。

 米スポーツ専門局ESPNは、打点が公式記録となった1920年以降では、1試合で投手として10三振を奪い、打者として2打点1盗塁を記録したのは史上初だと伝えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース