×

日本ハム・新庄監督 球宴初選出の松本剛&野村に本盗指令 自身も04年に成功しMVP

[ 2022年7月7日 06:00 ]

マイナビオールスターゲーム2022ファン投票最終結果

球宴に初選出され、ビッグボスポーズを決める日本ハム・松本剛(右)と野村(球団提供)
Photo By 提供写真

 「マイナビオールスターゲーム2022」(26日・ペイペイドーム、27日・坊っちゃんスタジアム)のファン投票最終結果が6日発表され、日本ハムからは外野手部門で11年目の松本剛外野手(28)、三塁手部門で4年目の野村佑希内野手(22)がそれぞれ初選出された。日本ハムからのファン投票選出は19年の宮西と近藤以来3年ぶり。球宴に7度出場して99年と04年の2度のMVP、優秀選手賞も3度獲得している新庄剛志監督(50)は、2人にMVP獲得への心構えを伝えていた。

 「走者がいなかったら本塁打、二塁に走者が行ったらセンター前。もし(自分が)三塁に行ったら本盗しなさいとアドバイスをした。目立つためのチャンスなので活躍してほしい」

 全パの指揮を執るオリックス・中嶋監督にも「(松本剛と野村の)1、2番は面白くないですか?とメールしておきます」と2人を売り込む考え。プレーだけではなく、レインボーバットや電飾ベルトなどでファンを沸かせた自身のように、使用する道具についても「ああいう場面で目立たないとね」とド派手仕様を求めた。一方、「先輩、後輩関係なく、いい選手のところに(交流に)行ってほしい。本当にプラスになるアドバイスをもらえる」と“大真面目”な助言も忘れなかった。

 初めて大舞台に立つ2人だが、シーズン中からビッグボスイズムを叩き込まれてきただけにやる気は満々だ。過去の球宴で思い出に残っている場面を問われると、ともに04年球宴で新庄監督が本盗を決めてMVPを獲得した場面を挙げ、松本剛は「“MVPを獲ってきて”と言われたので、狙っていきたい。(1番で)先頭打者本塁打を打てば可能性はあると思う」と意欲。野村は全セの三塁手部門で選出されたヤクルト・村上との交流を熱望しつつ「本塁打でも適時打でも、何かの間違いで本盗ができたとしてもプレーで目立ちたい」と力を込めた。

 チームは最下位と苦しい戦いが続くが、松本剛は打率・346でリーグトップ。野村も・290で同4位と堂々の選出だ。新庄監督の1、2番リクエストが実現すれば、2人でタッグを組んで攻撃することも可能だ。「ファンの皆さんがワクワクするようなスイングを見せられれば」と野村。真夏の祭典で主役の座を奪うべく、早くも2人が目をぎらつかせていた。(東尾 洋樹)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース