×

大谷翔平 「粘れたのがよかった」7回10K1失点で8勝目&勝ち越し2点適時打&二盗も成功

[ 2022年7月7日 10:50 ]

インターリーグ   エンゼルス5―2マーリンズ ( 2022年7月6日    マイアミ )

<マーリンズ・エンゼルス>エンゼルスの先発・大谷(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は6日(日本時間7日)、敵地ローンデポ・パークでのマーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で今季14度目の投打同時出場。7回100球を投げ2安打1失点、3試合連続2ケタ三振となる10三振を奪い8勝目をマークし自身は5連勝。打っては5回の第3打席で勝ち越し2点適時打を放ち、今季10盗塁目となる二盗にも成功してチームの勝利に貢献した。エ軍は5―2で勝ち、連敗を4でストップした。

 大谷は試合後「初回に1点を取られたので、そこから粘れたのがよかったと思います」と笑顔を見せ、5回の勝ち越し打を「いいところで1本出て、チーム的にもいい流れで中盤以降は戦えたと思っています」と振り返り、現在のチーム状況については「連敗したりとか悪い流れが多かったりとかありますけど長いので1試合1試合切り替えながらいかないと思いますし、きょう以降また遠征もあるので切り替えて連勝できるように頑張りたいと思います」と話した。

 大谷が投げて打って走った。投げては、立ち上がりの初回、先頭のバーティは遊ゴロ失、続くウェンドルに右翼線二塁打されて無死二、三塁とし、クーパーに右犠飛されて先制点を許した。連続イニング無失点は21回2/3でストップし、なおも1死三塁とピンチが続いたが、アギラを空振り三振、ガルシアを中飛に打ち取って追加点は許さなかった。2回は1死から四球と安打で一、二塁としたが、後続を抑えて無失点。3、4、5回はいずれも2三振を奪い3者凡退、6回は1三振を奪って3者凡退に抑え15人連続アウト。7回は2四球で2死一、二塁としたが、代打・フォーテスを空振り三振に仕留め、この回で降板した。

 打っては、初回2死の第1打席でマ軍の先発左腕ロジャースと対戦し見逃し三振、4回無死の第2打席は三ゴロだったが、同点の5回2死満塁の第3打席で、2ボール2ストライクから外角球直球を逆らわずに左前にはじき返す勝ち越しの左前2点適時打を放った。右腕ナンスと対戦した7回1死一塁の第4打席は四球で出塁し、重盗を成功させて今季10盗塁とした。左腕ブライヤーと対戦した9回1死の第5打席は左飛だった。

 前回登板の6月29日(同30日)のホワイトソックス戦では「3番・投手兼DH」で先発。5回2/3を投げ11三振を奪い5安打無失点で、連続イニング無失点を21回2/3に伸ばして7勝目を挙げた。打っては3打数無安打1四球だった。

 これで通算成績は、投手は14試合で8勝4敗、防御率2・44、打者は80試合で281打数78安打、打率・259、18本塁打、53打点、10盗塁となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年7月7日のニュース