新井貴浩氏 ヤクルト・高津監督 巧みな投手運用、気持ち知り尽くし力引き出した

[ 2021年11月28日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第6戦   ヤクルト2ー1オリックス ( 2021年11月27日    ほっと神戸 )

<オ・ヤ>胴上げされる高津監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【新井貴浩氏 シリーズ大分析3】ヤクルト・高梨の好投も勝因だ。攻撃でチャンスを逃した後も流れを渡さなかった。高津監督の投手運用の巧みさだろう。目の前の勝利を目指しつつ、我慢するところは我慢する。奥川や高橋に無理はさせず、高梨を第6戦に合わせて準備させてきたと思う。救援失敗があったマクガフも10回途中から使い、最後まで任せた。投手の気持ちを知り尽くし、最大限の力を引き出した。

 ヤクルト、オリックスともレギュラーシーズンでは最終盤まで優勝を争い、最後まで諦めないことを知っていた。第1戦から6戦全てが接戦。どちらが勝っても、おかしくなかった。青木も山田も村上も…、ヤクルトはベテランから若手まで、みんなうれし涙を流していた。それだけ苦しい1年だったのだと思う。両チームとも本当に素晴らしいシリーズを見せてくれた。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月28日のニュース