ロッテ・藤原 “福浦ギプス”で通年活躍だ「ポイントを引きつけることを意識」

[ 2021年11月28日 05:30 ]

ロッテ・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテの藤原が「福浦効果」でシーズン通した活躍を誓った。

 秋季練習では上腕部を器具で固定してスイングを繰り返した。福浦2軍ヘッド兼打撃コーチの指示で、藤原は「ポイントを引きつけることを意識し、腕が離れやすく外回りするので、それを修正するため」と説明。今季は7、8月度の月間MVPを初受賞も、最終的には打率・217、5本塁打に終わった。4年目の来季へ「1年間戦えるトレーニングをしていきたい」と体づくりから見直す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月28日のニュース