京都国際の来秋ドラフト上位候補・森下瑠大 今年最後の対外試合で5回自責0&5打数5安打

[ 2021年11月28日 20:45 ]

練習試合   (1)京都国際18―4岡山学芸館(2)岡山学芸館6―2京都国際※特別ルール ( 2021年11月28日    岡山学芸館瀬戸内野球場 )

<京都国際・岡山学芸館>投打に大活躍だった来秋ドラフト上位候補の京都国際・森下瑠大
Photo By スポニチ

 今秋近畿大会8強の京都国際が今年最後の対外試合を同中国大会4強の岡山学芸館と行い、来秋ドラフト上位候補左腕の森下瑠大(りゅうだい=2年)、同右腕の平野順大(じゅんた=2年)が出場した1試合目に圧勝した。2試合目は6―2で岡山学芸館が勝った。

 森下は「4番投手」で先発。最速こそ139キロ止まりで5回5安打4失点ながら、自責点は0。6回からは右翼に回り、9回の第5打席では逆方向へ左越えソロを放つなど打撃でも5打数5安打3打点の大暴れだった。「5番右翼」で先発し、森下の後を受け6回から救援した平野は4四死球も4回無安打無失点。自己最速に1キロと迫る144キロも計測した。

 地域性や試合内容から、2年連続の選出が有力視される来春選抜へ向け森下は「常時140キロ前半を出せるように。新チームが始まってからずっと、目標は日本一」と話し、平野は「(今夏の)甲子園では僕が打たれて負けてしまったので、選抜に出られたら次は僕が抑えて勝ちたい」とリベンジへ闘志。武田侑大(ゆうと=2年)と合わせて3人のドラフト候補を擁し、この日は指名打者で出場した辻井心(2年)ら昨年からの主力も多く残る。互いに「(背番号)1を付けたい」と対抗意識を燃やし、最高の仲間でありライバルでもある左右二枚看板は、初の全国の頂点を目指し冬の鍛錬を積む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年11月28日のニュース