×

チーム躍進支えた ヤクルト・オスナ&サンタナ残留見込み

[ 2021年11月28日 05:30 ]

来季残留する見込みのオスナ(右)とサンタナ
Photo By スポニチ

 今季からヤクルトに加入したドミンゴ・サンタナ外野手(29)とホセ・オスナ内野手(28)は来季残留する見込みだ。チーム躍進を支えた両外国人と、球団はすでに残留に向けた交渉を行っている。

 サンタナは116試合出場で打率・290、19本塁打、62打点の活躍。日本シリーズでも期待された長打で2本塁打を記録した。オスナも堅実な打撃と守備でチームのリーグ優勝、日本一に貢献した。また、サイスニード投手(29)の残留はすでに発表されている一方、アルバート・スアレス投手(32)の去就は微妙になっている。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月28日のニュース