×

ヤクルト・マクガフが胴上げ投手 高津監督信頼に回またぎで応え2イニング1/3を4K

[ 2021年11月28日 05:30 ]

SMBC日本シリーズ2021第6戦   ヤクルト2ー1オリックス ( 2021年11月27日    ほっと神戸 )

<オ・ヤ>日本一を決め、抱き合って喜ぶマクガフ(右)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの守護神・マクガフが雪辱の熱投だ。1―1の10回2死から登板すると2回1/3を無安打無失点、4三振を奪い胴上げ投手となった。

 今シリーズは初戦と、第5戦で敗戦投手となったが、大一番で回をまたいで無失点に抑えた。胴上げを終えマクガフを抱擁した高津監督は「高梨から始まり、最後マクガフまでみんながそれぞれ持ち味をしっかり発揮して、素晴らしい投球をしてくれた」と投手陣を称えた。3番手の清水も8回からの2イニングを無失点。今シリーズ3試合無失点で3ホールド目と、シーズン同様セットアッパーとして支えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月28日のニュース