ソフトバンクが中日・又吉争奪戦に名乗り 今季不調だった中継ぎ陣強化を狙う

[ 2021年11月28日 05:30 ]

オリックス、ソフトバンクが獲得調査を進めている中日・又吉
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した中日の又吉克樹投手(31)の獲得調査を進めていることが27日、分かった。4位に終わった今季は、守護神・森が4月末から左肘手術で離脱。復帰後も調子は戻らず、岩崎ら救援陣がリードを守れなかった試合が目立った。中継ぎエースのモイネロの動向も流動的だ。今季チーム最多66試合に登板して、3勝2敗8セーブ、33ホールドを記録し、防御率1.28だった右腕は補強ポイントに合致する。オリックス、DeNA、阪神も動向に注目しており、複数球団による争奪戦となりそうだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月28日のニュース