侍ジャパン メキシコに先制許すも甲斐が2回に同点打!

[ 2021年7月31日 12:41 ]

東京五輪 1次リーグ   日本代表―メキシコ ( 2021年7月31日    横浜スタジアム )

2回に同点の適時打を放った甲斐(ロイター)

 日本は0―1の2回2死一、二塁で、9番の甲斐拓也捕手(ソフトバンク)がオラマスから中前同点適時打。1―1とした。

 甲斐は「打ったのはストレート。まずは追いついて良かったです」とコメントした。

 28日のドミニカ共和国戦は坂本の一打で会心の逆転サヨナラ勝ちした侍ジャパン。メキシコ戦は森下が先発。1次リーグ2連勝&1位通過を狙う。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月31日のニュース