阪神・小川 今季初1軍で堂々5回零封 西勇の“代役”なんの「絶対にアピールしたいと思っていた」

[ 2021年7月31日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神3-2西武 ( 2021年7月30日    甲子園 )

<神・西>初回、山川を遊邪飛に打ち取った小川(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・小川は5回3安打無失点と好投した。当初は西勇が先発予定だったが、矢野監督は「西勇はちょっと体調が」と説明。急きょ巡ってきたマウンドでは要所を締め、再三のピンチをしのいだ。「今季初めての1軍のマウンドだったので、絶対にアピールしたいと思っていた。自分のできることをしっかり出すことができた」。後半戦での飛躍を目指し、今後は2軍戦で実戦を積んでいく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月31日のニュース