阪神・糸井 貫禄のマルチ エキシビションマッチ初スタメンで存在感 後半戦へ「全力で頑張るだけ」

[ 2021年7月31日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神3-2西武 ( 2021年7月30日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・西(1)> 7回無死、右前打を放ちガッツポーズを決める糸井(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・糸井はエキシビションマッチの初スタメンで2安打を放ち、存在感を示した。4回1死から中前打を放つと、二進後、長坂の打席でのけん制悪送球で生還を果たした。7回先頭では3ボールからの4球目を見逃さず右前打。代打起用が主だった前半戦は打率.200と苦しんだが、後半戦に向けて「全力で頑張るだけです」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月31日のニュース