オリックス・宮城 2軍阪神戦で調整登板 4回3失点も「いつも通りの動きはできた」

[ 2021年7月31日 05:30 ]

オリックス先発の宮城大弥(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 オリックス・宮城がウエスタン・リーグの阪神戦に先発し、4回4安打3失点。「久しぶりの実戦でしたが、ボールの感覚などはいつも通りでした」と振り返った。暑さ対策も兼ねての調整登板に「とても暑かったけど、水分もしっかり取れた。結果は良くなかったけど、いつも通りの動きはできた」と振り返る。今後はともに中6日で8月6日のエキシビションマッチ・阪神戦、後半戦開幕となる13日のロッテ戦に登板する見込み。25年ぶり悲願の優勝に向け、リーグ最多タイ9勝の左腕が先陣を切る。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月31日のニュース