西武・渡辺 1軍初先発で納得の7回途中2失点

[ 2021年7月31日 05:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   西武2―3阪神 ( 2021年7月30日    甲子園 )

阪神相手に好投した西武・渡辺(撮影・大森 寛明
Photo By スポニチ

 後半戦での先発ローテーション入りが期待される。西武の高卒3年目右腕の渡辺が、6回0/3を8安打2失点。1軍では初先発だったが試合をつくり「左打者へのインコースの真っすぐとカットボールの出し入れができていたのがよかった」とうなずいた。

 浦和学院時代の恩師・森士監督が28日に今夏限りでの退任を発表。「自分が野球部をやめそうになったときも引き留めていただいた。寂しいですけど、30年間お疲れさまです」。3年夏に8強入りした甲子園で、恩師に成長した姿を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月31日のニュース