阪神ドラ7・高寺が1軍デビュー 聖地甲子園で新たな一歩

[ 2021年7月31日 19:40 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   阪神-西武 ( 2021年7月31日    甲子園 )

<神・西>5回無死一塁 一走・大山の代走で出場した高寺(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

  阪神のドラフト7位・高寺望夢内野手(18)が1軍デビューを飾った。5回に大山の代走で起用されると、6回の守備から遊撃に就いた。

 今季入団した新人では唯一の高卒野手だが、ウエスタン・リーグでは53試合に出場し、打率・176、1本塁打、9打点。エキシビションマッチとはいえ、将来有望な若虎が憧れの甲子園で新たな一歩を踏み出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月31日のニュース