大谷 次回登板3日に変更も 右手にファウルボール 指揮官「少し痛みがある」

[ 2021年7月31日 10:21 ]

エンゼルス・大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)の次戦先発が予定されていた8月1日(日本時間2日)の本拠地でのアスレチックス戦から2日(同3日)の敵地でのレンジャーズ戦に変更になる公算が高まった。

 1日(同2日)の先発は20年のドラフト1巡目全体10番目指名の若手有望株リード・デトマーズ投手(22)が務めることが球団から30日(同31日)発表された。

 ジョー・マドン監督によれば、大谷は28日(同29日)のロッキーズ戦でダグアウトに飛んできたファウルボールを避けようとした際にボールが右手親指に当たり痛めたという。指揮官は「問題はないが少し痛みがある。月曜日(2日・同3日)になる可能性がある」と試合前の会見で話した。打撃に影響はなく30日(同31日)のアスレチックス戦は「2番・DH」で出場。2試合ぶりとなる38号本塁打に期待がかかる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月31日のニュース