ソフトバンク・新外国人アルバレスまたマルチ安打!「チームの力になれるようやっていくよ」

[ 2021年7月31日 19:30 ]

2021プロ野球エキシビションマッチ   ソフトバンク-ヤクルト ( 2021年7月31日    PayPayドーム )

ソフトバンク・アルバレス
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの新戦力ダリエル・アルバレス外野手(32)が、移籍後3度目のマルチ安打をマークした。7月31日のヤクルトとのエキシビションマッチに「2番・左翼」で出場。初回1死での1打席目に田口から中堅フェンス直撃の二塁打。0―3の2死二塁では2番手・寺島から左翼フェンス直撃打。2打席連続安打で、1軍定着にアピールを続けた。

 「コンタクトすることだけを考えて打席に入って、いいバッティングができた」と28日のDeNA戦に続くマルチ安打を回顧した。
 独立リーグ・茨城から21日に加入したキューバ人助っ人は15、16年に米メジャー・オリオールズでもプレーした。異色の経歴を持つ右の新たな大砲候補は「しっかりチームの力になれるようにやっていくよ」と球団を通じてコメントを出した。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月31日のニュース