阪神・佐藤輝 勢い止まらん豪快3ラン エキシビション5戦5発 打球スピード171キロ計測にどよめき

[ 2021年7月31日 18:57 ]

エキシビションマッチ   阪神ー西武 ( 2021年7月31日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・西(2)> 2回1死一、二塁、中越え3ランを放ちポーズを決める阪神・佐藤輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・佐藤輝明内野手(22)が豪快な一発を放った。3―0の2回1死一、二塁から高橋光成の低めフォークを完璧に捉え、バックスクリーンに運ぶ3ランを放った。打球速度は171キロを計測。甲子園はどよめきに包まれた。

 「センター方向に強い打球を打つことができたと思います。今日も打つことができて良かったです」

 これで3試合連続の本塁打。エキシビションマッチ5戦で5発と怪物新人の勢いは止まらない。西武・高橋光成からはオープン戦、交流戦に続いて4本目のアーチを放ち、キラーぶりを発揮するなど、後半戦に向けても順調な仕上がりを披露した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月31日のニュース