4番・中川が“読み通り”の逆転V弾 京都国際、初めての夏甲子園切符

[ 2021年7月29日 05:30 ]

全国高校野球選手権京都大会   京都国際6ー4京都外大西 ( 2021年7月28日    わかさスタジアム京都 )

<京都国際・京都外大西>初優勝を決めた京都国際ナイン

 京都国際ナインは先輩たちの思いも背負って、夏は初めての甲子園出場を決めた。1点を追う4回無死一塁から4番・中川勇斗が決勝の逆転2ラン。打った瞬間に高校通算16号を確信し「ストレートで押してくると思っていた」と胸を張った。

 2年前は決勝で立命館宇治にサヨナラ負け。昨年はコロナ下で大会がなかった。小牧憲継監督は大会前に「先輩方の魂を甲子園に連れて行こう」とハッパを掛けた。2年前の敗戦をスタンドで見届けた中川は「その時は自分たちが優勝するとは思っていなかった」と振り返る。今春選抜は2回戦で逆転サヨナラ負け。成長した姿を聖地で披露する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース