福島県知事がバッハ会長に“直談判” 28年ロス五輪で野球&ソフトの競技復活要望

[ 2021年7月29日 05:30 ]

<日本代表・ドミニカ代表>始球式に参加したIOCのバッハ会長
Photo By スポニチ

 2024年パリ五輪では実施されないことが決まっている野球・ソフトボールについて、福島県の内堀雅雄知事が28年ロサンゼルス大会以降の競技に復活させてほしいと、野球の開幕戦を視察したバッハ会長に要望した。

 その場にいたWBSCのフラッカリ会長も内堀知事に同調したという。21~28日にソフト6試合、野球1試合が行われたあづま球場での競技は終了。知事は「復興五輪の役割をもらい、勇気づけられた」と総括した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年7月29日のニュース