ツインズ・マエケン 猛暑の中、汗だく熱投 6回1/3を1失点も5勝目ならず

[ 2021年7月29日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ5ー6タイガース ( 2021年7月27日    ミネアポリス )

猛暑の中91球を投げたツインズ・前田(AP)
Photo By AP

 気温32・8度、湿度76%。ツインズ・前田は汗だくになりながら熱投を披露した。「難しいコンディションだったとは思うが、僕は寒いより暑い方が好きなので」。4点リードの7回1死一、三塁で降板。91球を投げ4安打1失点にまとめた。

 最近の発奮材料は東京五輪での日本勢の活躍。卓球、競泳、ソフトボールなど、多くの種目を再放送含め、映像で観戦しているという。田中将、坂本ら同じ88年世代が引っ張る侍ジャパンについては「同学年がたくさん出ている。みんなの活躍を見ながら、僕自身も負けないように、刺激をもらいながら頑張りたいです」と語った。

 9回に救援投手が同点の満塁弾を被弾。5勝目を逃し、チームも延長11回の末に敗れたが、前田は「自分の投球ができた」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース