ドミニカ共和国悪夢の幕切れも…巨人・メルセが侍相手に堂々零封「対戦できて興奮した」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

東京五輪第6日 野球1次リーグA組   ドミニカ共和国3ー4日本 ( 2021年7月28日    福島県営あづま球場 )

<日本・ドミニカ共和国>好投を見せたメルセデス(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ドミニカ共和国は2点のリードを守れず、黒星スタートとなった。

 3―1の9回に救援したアセンシオが2点を失い、なおも1死満塁で降板。代わったマリネスが坂本にサヨナラ打を浴びた。

 先発した左腕メルセデス(巨人)は6回0/3を3安打1失点と好投。「代表の一員として日本と対戦できて興奮したし、名誉に思う」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース