死球受けたロッキーズ・ストーリー 大谷から謝罪受けていた

[ 2021年7月29日 02:30 ]

大谷から死球を受けた左手甲を見せて軽傷をアピールしたストーリー(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 26日にエンゼルス・大谷の投球を左手甲付近に受けたロッキーズのストーリーが、大谷から謝罪を受けたことを明かした。

 「彼はすぐに(マウンドから降りて)“申し訳ない”と謝ってきた」。大リーグでは死球後の投手の謝罪は故意に当てたと受け取られる可能性があり、「必須ではない」とやや困惑しつつ「軽い打撲。(皮膚が)少し青くなっただけ。深刻な状況にならなかった」と安どした。大谷と同様に本塁打競争に出場した主砲は「彼は特別な選手。我々の野球を大きく成長させてくれた」と笑顔で語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース