半世紀ぶりの甲子園が見えた 興国が46年ぶりの出場へ、あと2勝 完封の大江「まだ優勝していない」

[ 2021年7月29日 15:30 ]

全国高校野球選手権大阪府大会準々決勝   興国3ー0八尾 ( 2021年7月29日    シティ信金スタジアム )

完封で大阪府大会4強に導いた興国・大江遼也
Photo By スポニチ

 興国が前回甲子園に出場した1975年以来46年ぶりに、夏の大阪大会で4強入りを果たした。立役者は背番号10の左腕・大江遼也だ。公立で唯一8強に進んだ八尾から12三振を奪い、5安打零封した。

 「試合前の調子は良くなかったですが、後ろに良いピッチャーが控えているのでどんどん行きました。ランナーが出てからの、低めのコントロールが良かったです」

 1メートル82の長身から、威力あるストレートを投げ込んだ。6回までに4度得点圏に走者を背負ったが、勝負どころで踏ん張った。味方打線が6回裏に3点を先制すると、直後の7回は2者連続三振を含む3者凡退。9回2死一、二塁もしのぎ、喜多隆志監督からは「もの怖じしない彼らしい投球をしてくれた」と好投を称えられた。

 前日の5回戦・東海大大阪仰星戦では背番号1の田坂祐士が完封。この日は春にエースナンバーを背負った大江も、完封で続いた。大会終盤に来て安定感を増してきた両左腕の存在は、46年ぶり甲子園出場へ頼もしい限り。大江は「まだ優勝していない」と気を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース