昌平・プロ注目スラッガー吉野 3タコで初優勝ならず「甲子園に行かせたかった」

[ 2021年7月29日 05:30 ]

全国高校野球選手権埼玉大会決勝   昌平4ー10浦和学院 ( 2021年7月28日    大宮公園 )

<浦和学院・昌平>昌平の先発・田村 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 昌平は13安打で10失点と投手陣が粘れず、春夏通じて初の甲子園出場を逃した。プロ注目の外野手・吉野創士(3年)は「3番・中堅」で3打数無安打に終わり「何としてでも昌平高校を甲子園に行かせたかった」と肩を落とした。

 高校通算56本塁打を誇る右の長距離砲は進路について「(黒坂洋介)監督と話し合って決めたいです」と慎重な姿勢を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース