侍最年少・村上、逆転サヨナラ呼ぶ適時打!「つなぐ意識で」大砲が9回仕事

[ 2021年7月29日 05:30 ]

東京五輪第6日 野球1次リーグA組   日本4ー3ドミニカ共和国 ( 2021年7月28日    福島県営あづま球場 )

<日本・ドミニカ共和国>9回、村上は右前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 21歳で侍ジャパン最年少の8番・村上が逆転サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 9回1死一、二塁から1点差に迫る右前適時打。「2点差で一つもアウトをあげられない状況でしたし、つなぐ意識で打席に入りました」。

 7回にも1死二、三塁からの一ゴロで三塁走者が生還。2打点を挙げ「国際大会、無観客で難しい雰囲気でした。今日負けていたら何を言われるか分からない。勝ちというところが全て」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース