阪神・矢野監督 新戦力の二保に「状態上がっている感じ」 2軍から招集は「新しい選手は投手ぐらいかな」

[ 2021年7月29日 22:00 ]

プロ野球エキシビションマッチ   阪神6―4ロッテ ( 2021年7月29日    甲子園 )

<エキシビションマッチ 神・ロ(3)> 力投する二保(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

<阪神・矢野監督、試合後の一問一答>

 ▼二保が6回3失点も及第点

 「状態とかボールは良かったと思う。全体的には楽しみな投球だったかなと。ただ点の取られ方がもったいないというか、もうちょっと工夫というか、いいボールがあっただけにね。ボールが先行したり。取られる時ってそうなるんだけど。3点を取られるような内容、状態ではなかった。全体的には良かったというのと、一方では課題というところではそういうところ」

 ▼状態は確実に上昇

 「(移籍初登板の)ヤクルト戦で先発した時は、かわす、押すということがちょっと少なかったから、今日は球の力でも押せるというところがあるからこそ、変化球も効くという投球ができていたと思う。そういうところでは状態は上がっている感じに見えた」

 ▼次回も先発起用を検討

 「ちょっと(コーチと)相談していかないとアレだけどね」

 ▼佐藤輝は3試合で3発

 「仕留められるというね。普通の選手だったらヒットというところが本塁打にできるのはテルの良さだし、そういって出ているのはプラスの部分。あとはルーキーというのは抜きにしてね。ランナーサードのところでかえせるというのをプラスアルファでやってこないと。打てるというのは証明しているというか、そこのプラスアルファをより高めていくというところに来ていると思う」
 ▼三塁も守った

 「シーズン中でも起こり得る。あり得ることはエキシビションではやっていこうと思う。ちょっとボールが飛ばなかったからね。飛んでほしかったけど」

 ▼今後の三塁起用は

 「これから先のことやからわからん」

 ▼島田、小野寺がアピール

 「島田は打つ方もそうやし、送球も試合の中で一発でね。流れの中でアウトというのは大きい。打撃の内容もすごくいいものがある。ファームで結果を残しているのがやれているというのは2軍の時からずっと見ているけど、自信をつけかけているかなという感じには見える。楽しみは出てきた」

 ▼2軍からの招集

 「新しい選手は投手ぐらいかな。ピッチャーは何人か呼ぶと思うけど、野手は現状どうなんかな。多分、なかったと思う」

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月29日のニュース