明徳義塾、21度目夏切符 馬淵監督の高知・森木対策奏功 「球数投げさせて」追い詰めた

[ 2021年7月29日 05:30 ]

全国高校野球選手権高知大会   明徳義塾5ー3高知 ( 2021年7月28日    高知県立春野 )

<高知・明徳義塾>優勝を決め、喜ぶ明徳義塾ナイン(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 第103回全国高校野球選手権(8月9日から17日間、甲子園)の地方大会は28日、各地で行われた。高知大会では明徳義塾が今秋ドラフト上位候補の高知・森木大智投手(3年)を攻略し、2大会連続21度目の出場を決めた。エース左腕の代木大和(3年)が5安打3失点で完投した。

 経験に裏打ちされた確かな眼力が、剛腕の聖地行きをまたしても阻んだ。明徳義塾が2年前と同じく、高知・森木を返り討ち。馬淵史郎監督はしてやったりの表情で、冗舌に試合を振り返った。

 「先発は森木じゃないと思っていた。選手にも50%は左投手(高橋克)やと思っておくよう伝えた。森木でラッキーだと思った」

 1年間、いや2年半かけて練り上げてきた“森木対策”が大一番で奏功した。「速球を打つこと、無駄な点をやらないこと。彼は9回を投げる体力はまだない。球数を投げさせて、つぶしたらいい」。酷暑の中、序盤の3イニングで51球を投げさせると、8回までに6四死球を得て120球。6犠打も絡めてジワジワと追い詰めると、疲労困憊(こんぱい)となった9回は死球と2連続暴投で無死三塁とし、降板に追いやった。2番手・高橋克の代わりばなを攻め、3安打とスクイズで一気に3得点。「森木を引きずりおろして、代わったピッチャーから打ったんだから、結果的に勝てましたし、作戦的には良かったということ」と目尻を下げた。

 準決勝で3回1/3を8失点の乱調だったエース左腕・代木大和も中1日できっちり修正し3失点完投。8回終了時点で交代を打診したが「“行かせてください”と。情にほだされた」と“反省”しながらも、ほおは緩みっぱなしだった。「勝ち上がっていくことで、高校野球は別のチームになりますから」。特別な夏に、名物監督が満を持して戻ってくる。(北野 将市)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月29日のニュース