セガサミー5年目右腕・草海 完封勝利「後ろに良い投手がいるので、飛ばしていこうと」

[ 2021年7月11日 05:30 ]

第46回社会人野球日本選手権大会2回戦   セガサミー2ー0日本新薬 ( 2021年7月10日    京セラD )

<日本新薬・セガサミー>完投勝利を決めるセガサミー・草海(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 セガサミーは、5年目右腕・草海が初回の2点を守り切った。4度も得点圏に走者を背負いながら、140キロ台中盤の直球を軸に好投。6回2死一、二塁も、代打・大石を内角直球で見逃し三振に封じた。「後ろに良い投手がいるので、飛ばしていこうと。疲れはだいぶありましたが強い気持ちを持って投げました」。

 12日の準々決勝で対戦するHondaは昨年都市対抗の準決勝で延長タイブレークの末に敗戦。元広島の西田真二監督は「お互い手の内は分かりすぎている。しっかり考えたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月11日のニュース